• 269日前 第8のGCLiveギッグ来週の土曜日!皆さん、是非ひてね!!
  • 269日前 Daihachi @ GCLive coming up! Saturday June 4th - don't miss it!
  • 298日前 2016.5.7 12:30~ daihachi 2016.5.7 14:00~ oki morino miyaishi ( itimiya masumidasan)
  • 306日前 5/7(土)12時半~ 杜の宮市(一宮市:真清田神社)
  • 334日前 関西へ!土曜日、大阪のなんばや、日曜日、京都のネガポジ。来てね!!
  • 337日前 今日!辺野古反対コンサート。栄「もちのき広場」〜5:00
  • 368日前 明日!第8@「みのや北村酒店」大曽根駅6番出口
第8旅団のメンバー
マルイチの
インタービユー
テロ
石丸
オジカ
うかキョン

K.Dハポン 1月7日!

K.D Japon on 7th Jan!

1月7日(土)KDハポンのダイハチは、いつもと違います。いまから30年以上前に作った、いわゆるダイハチ初期の楽曲をタップリとお聴かせします。

すなわち「力強い男と女」「Power Flower」「Oasis night」「Dar Es Saram」etc。これらの曲は「たましい」「ど忘れ」「戦車が来るぞ」など、最近のダイハチとは随分異なる印象を持たれる方も多いと思います。

一体、何故にこうした曲ができたのでしょうか?ダイハチはこうした曲を通じてナニをお伝えしたかったのでしょうか?その謎を解く鍵は…。みなさんお分かりですね。1月7日は午後7時半までにKDハポンへ。山口光さん(vo)磯タカ子さん(p) withうかキョン( acc)のオープニングも見逃せませんゼ。

Diving back into the past this time at KD Japon and some songs from our early period - more than 30 years ago!

Things like "Chikara zuyoi Otoko to Onna", "Power Flower", "Oasis Night" and "dar es Salaam"... compared with our recent songs like "Tamashii", "Do-wasure" or "Sensha" you might notice quite a different atmosphere.

Anyway, you might find it interesting to ponder on this stuff - we've changed, the world has changed...

This time with guests Hikaru Yamaguchi (vo), Iso Takako (p) accompanied by our own Ukakyon (acc).

K.D Japon CONCERT:
● TIME... 7th January (Saturday) from 〜7:30PM
● PLACE... 『K.D Japon in Tsurumai (052)251-0324』
● LIVE CHARGE... ¥2,000

※ 「KDハポン」 ー空き地ー K.D Japon home page (052)251-0324



We've uploaded some songs to YouTube from our March 2013 gig at Tokuzo. Links below↓
得三の2013/3ギッグの何曲かのビデオがYouTubeにあります。リンクは下に↓

2013/3/3 CONCERT VIDEO:
Come Together & Indo Zo
Sensha
Kane no Kuni
Chikara zuyoi Otoko to Onna
Niju man nen mae

30周年記念コンサートの写真、得三で。 Shots from our 30th anniversary gig at Tokuzo, May 2010.

AutoViewer requires JavaScript and the Flash Player. Get Flash.

これからの第8旅団のコンサートの情報を送りましょうか?
第8旅団ニュースのメール登録をどうぞ! 第8旅団のニューズをメールで送ります。

Would you like us to email you news about Daihachi Ryodan concerts? If so, just register at
Daihachi Ryodan news and we'll let you know about our next concert.


第8旅団って、どんなバンド?

●第8旅団って、どんなバンド?という質問に、正確に答えるのはなかなかに難しい。メンバー自身によるオリジナル曲を中心に、いろんなバンドや人たちの曲をカバーしたりもする。音楽的には?やはりロックかな。でも、いわゆる欧米のロックに限定せず、中近東やアフリカ、そしてラップやレゲエなどなど、つねにいろんなジャンルの音楽にアプローチしていることは確かだ。

●第8旅団のネーミングは?これは1930年代のスペイン市民戦争に由来する。というと何事かしら?と思う人も多いに違いない。当時スペインには人民戦線政府があったが、これに対抗して反乱を起したのがフランコ将軍率いるファシスト軍。劣勢に立たされた人民戦線政府を助けようと世界中から義勇軍が集まり結成されたのが、第8旅団の名で呼ばれた。なかなかに勇ましい!?

●第8旅団のメンバーは?ギターとボーカルの沖てる夫、同じくギターとボーカルのジョン、ベースのオジカ、ドラムの石丸Q、ドラム&パーカッションの丸市の5人。ツインドラムという迫力と、音楽には関係ないがフロント3人の身長が180cmを超えているのがなんと言っても目立つ。現在のメンバーになってまだそんなに年月はたっていないが、今が旬という感じではある。

What's Daihachi Ryodan?

●We're often asked what kind of band Daihachi are, but it's pretty difficult to answer. Most of our stuff is original but we play songs by all kinds of other people too. Genre? Rock, really, but with Middle East, African, Rap, Reggae and other things mixed in. (Bit of Enka?) We're up for anything really.

●The name? It goes back to the Spanish Civil War in the 1930s. At that time there was a democratically elected Socialist government in power, which General Franco's fascist army was trying to overthrow. The International Brigade which gathered from all over the world to support the Socialist government, including such writers as George Orwell, was named the 8th Brigade, or "Daihachi Ryodan" in Japanese.
(With help from Hitler, Franco won anyway, and was in power till he died in 1975!)

●Members? Tero on guitar and vocals, John also guitar and vocals, Ojika on bass, Ishimaru on drums and Maruichi on drums and percussion. Twin drums and (nothing to do with music) front line all over 180cm. It's not all that long since this line-up took shape but you could say we're at some kind of peak.


第8旅団プロフィール

結成は1980年。以来、大学祭や各地のイベントに出演し、自然や社会をテーマにしたメッセージ色の強いオリジナル曲を中心に、ビートルズ、ボブ・ディランのカバー曲の演奏などで活躍。しかし1986年から約10年間、メンバーの仕事や家庭の事情で活動を中止。

活動を再開したのは1996年12月。現在は、年2〜3回というゆっくりしたペースで、おもにTOKUZO(名古屋市今池)を中心にコンサート活動を続けている。

 

メンバー

  • 沖てる夫(vo.g)
  • ジョン・クローリー(vo.g)
  • 丸市(d.per)
  • 石丸きゅう(d)
  • 小鹿まこと(b)
  • 鵜飼恭子(acc.)

Daihachi Ryodan Profile

Formed in 1980; at that time played in university festivals, events etc., with mostly original material with a strong "message" element, often about environmental or social problems, together with songs by the Beatles, Bob Dylan, Bob Marley etc.
With a lot of improvisation, the band had a special "Daihachi" sound. However, in 1986, for members' various personal reasons, the band broke up resulting in a 10-year gap till Dec. 1996.

While incorporating new elements, the distinctive, loose sound remains.
Now a fairly leisurely schedule results in concerts two or three times a year, often at Tokuzo in Imaike, Nagoya.

Band Members

  • Oki Teruo: vocals,guitar
  • John Crawley: guitar,vocals
  • Maruichi: drums,percussion
  • Kyu Ishimaru: drums
  • Makoto Ojika: bass
  • Kyoko Ukai: accordion